すすきの風俗求人で高収入のための覚悟

お母さんがもう働かなくていいように、すすきのの風俗求人に挑戦

女性画像

物心つく前に両親が離婚してしまい、母子家庭で育ってきた19歳です。漫画や小説みたいな話ですが、お母さんは私を育てて高校へ通わせるために朝早くから夜遅くまで働いていました。私が学校から許可をもらってアルバイトをするって言っても「学生の本分は学業なんだから、気にしないで勉強を頑張りなさい」と、結局譲りませんでした。私は卒業後、すすきのの企業で事務の仕事に就きました。そこでお母さんの張り詰めていたものが緩んだのか、体を崩してしまったんです。お母さんはしきりに「大学まで行かせてあげられなくてごめんね」と申し訳なさそう。うちの経済状況で大学なんて考えてなかったし、今度は私が働いてお母さんに楽をさせるんだという気持ちでいっぱいでした。しかし高卒で新卒のお給料なんて悲しいくらい少なくて、母子が暮らすには厳しかったんです。自分名義で作ったクレジットカードのキャッシング枠やショッピング枠を利用して、ごまかしながら1年間やりくりしてきましたがそろそろ限界。そこで私はある決意をしました。高収入と噂の風俗求人へ応募することを。事務の仕事を続けながら働ける、シフトと勤務時間に融通が利く風俗求人。そんな都合の良すぎる条件が高収入風俗求人サイト「バニラ」でなんとヒットしました。24時間いつでも好きなだけ働けて高収入ゲットを謳うすすきのの某店舗。「ここしかない!」と、求人ページに載せてあったお店のLINEを友達登録。面接希望の旨をトークで送信しました。というかLINEで面接が受けられるんですね。とにかく生活のためにお金が必要なこととやる気をアピールし、結果は合格。採用されました!ちょうど翌日が土曜日でお休みだったので、講習と体験入店を一気にお願いすることに。お母さんには友達と遊んでくるとウソをついて、心苦しいながらも指定された住所にある喫茶店へ向かいました。場所はすすきの駅からすぐ近くだったので、特に迷うことなく到着。事前に教えてもらっていた番号へ電話をかけると、喫茶店の中にいるお客さんの一人が立ち上がってこちらへ近寄ってきました。声を掛けられて挨拶をすると、その方が店長さんでした。雑談をしながら書類の記入を済ませ、お次は事務所へ。受付やネットに載せるための写真撮影を行った後は、DVD鑑賞と女性スタッフさんによる講習を受けました。それからいよいよ体験入店の開始、待機スタートです。近くのインターネットカフェと提携しているらしく、そこのブースで好きに過ごしていてOKとのことでした。お言葉に甘えて動画を見たりスマホをいじったりしていて、何時間か経ったころにお店から連絡が。フリーの常連さんの接客をお願いされました。お客さんが待つホテルまでは車で送ってもらって、教えてもらった部屋へ。40代くらいの優しそうな方で何だか安心しましたね。教えてもらった通りに洗体・ディープキス・全身リップ・フェラなどをして、気持ち良くなってもらえたようでよかったです。69のときはお客さんの舌テクでイかされそうになりました(笑)。体験入店を終えると、その場でお給料を頂きました。事務のお仕事を頑張っているのがバカらしくなるような金額でしたね。こんなに高収入がもらえるなんて……正直半信半疑でしたから。私は正式に入店を決めて、週に何日かだけ風俗嬢として働いています。お母さんにバレないように、生活はギリギリのラインを維持して残りはこっそり貯金へ。すすきのの風俗求人にチャレンジして本当によかったって心から思いますよ!ちなみにすすきのの風俗求人を探すならバニラがおすすめです。